自衛官・市民ホットライン・ヨコスカ

掲示板は自衛官と市民をつなぐホットライン、自衛隊のイジメ・暴力・その他の悩み事・生活全般について話し合う場です。自衛官の皆さんの投稿を歓迎します。趣旨に反する投稿は削除します。 ご相談は必ず管理者「ヨコスカ平和船団」 までメールでお願いします。秘密厳守。 パソコンメール heiwasendan@outlook.jp スマホメール omusubi6@i.softbank.jp


キーワード: 自衛官 イジメ暴力 相談


新着順:10/14


[6] 防衛省からの回答

投稿者: クルー  投稿日:2019年 3月 2日(土)11時52分25秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

2018年9月に補給艦「ときわ」で男性3等海尉が自殺した事件について福島みずほ議員事務所を通じて再発防止を申し入れたところその回答がありました。その問題点を挙げてみます。

1、事件の発生から報道まで明らかにされなかったのはなぜか?
9月に事件があったのにその時点でなぜ調査なり、アンケートを行わなかったのか?11月になってからパワハラに関する情報提供があったので調査した、と回答してますが乗員が自殺しているのに調査やアンケートをしないのはおかしい?「プライバシーに配慮」を理由にしてますが艦長が絡んでいるので隠蔽しようとしたとみられても仕方ない。

2、再発防止に関して「努力している」と回答していますが、艦長自らなぜパワハラ・イジメ・をしていたのか、乗員の中で防止する自浄作用がなぜ働かないのか?努力しているでは済まされない、再発は時間の問題だと言わざるを得ない。

3、自衛隊を辞めたい隊員はすぐ辞めさせるべきだ。自衛隊員の相談で多いのは「辞めたいのに辞めさせてくれない」です。今回の自殺でも本人は2日前にも直前にも「自衛隊を辞めたい」と話していたそうです。辞めさせないのは職業選択の自由を犯すもの、たとえ自衛隊という制限があっても基本的な人権は保障されなければなりません。自衛隊を辞めたい人の中には問題を抱えている人がいるわけで、辞めさせなければ事態が悪化する場合があるので速やかに退職を認めるべきです。
この点については「無理に引き留めるということは基本的にはあってはならないと考えており」と回答していますので多少の前進はあったと理解してます。


新着順:10/14

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.