自衛官・市民ホットライン・ヨコスカ

掲示板は自衛官と市民をつなぐホットライン、自衛隊のイジメ・暴力・その他の悩み事・生活全般について話し合う場です。自衛官の皆さんの投稿を歓迎します。趣旨に反する投稿は削除します。 ご相談は必ず管理者「ヨコスカ平和船団」 までメールでお願いします。秘密厳守。 パソコンメール heiwasendan@outlook.jp スマホメール omusubi6@i.softbank.jp


キーワード: 自衛官 イジメ暴力 相談


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[17] 横浜防大裁判訴状

投稿者: クルー  投稿日:2019年12月31日(火)11時20分4秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

横浜防大損害賠償請求事件

原告より出された訴状にはプライバシーに関する記述が多くあり、そのまま公表はできませんので投稿者の解説を書きます。被告は国と当時の防大生Y。

1、請求の趣旨
鬱病や適応障害を発症したのは国側の安全配慮義務違反が主因であり、45871.004円の支払いを求める。

2、本件の背景
原告は平成25年(20013年)に防衛大学に入学し、平成29年(2017年)9月に退学を命じられている。
この間(平成25~26年)防大では不祥事が相次いだことから全学生に聴き取り調査を行い、いじめ・暴力・パワハラの実態が明らかになりました。
「不適切な学生間指導に関する調査報告書」
http://heiwasendan.la.coocan.jp/kaizi4.pdf
「総括指導教官教育」
http://heiwasendan.la.coocan.jp/kaizi3.pdf

防大生(1800人)の不祥事表(訴状より)

年度  服務規律違反  懲戒処分   刑法犯相当
平成25年 138件     66件     17件
平成26年 167件     48件     30件
平成27年 157件     91件     30件

3、いじめの概要
入学間もない時期から明らかに過剰な「指導」を受けるようになり、次第に身体に不調を感じるようになった。
平成25年11月には複数回リストカットに及んだ。教官の勧めにより横須賀病院を受診・適用障害と診断される。平成26年(2014年)2月頃上級生から指導を受けた後突然過呼吸を発症した、これ以降原告は強い精神的ストレスを感じる状況になると過呼吸の状態に苦しむようになった。
平成26年10月Y被告から銃の分解結合訓練の指導名目で連日10回以上の呼び出しを受ける。Y被告は原告の人格を否定するような罵詈雑言を浴びせたり、部屋から追い出したりを繰り返した。
平成26年11月には深刻な過呼吸の症状から倒れてしまい、3時間にわたり意識の混濁する危険な状態が続いた。
平成27年(2015年)の4月、被告Yは指導中に過呼吸を起こした原告に対して心配することもなく指導を続けた。
平成27年の夏、28年の冬の剣道部合宿でもいじめは続き、原告はついに怒りを爆発させてしまった。この件で原告は一方的な懲戒処分を受けている。
教官はこうしたいじめ・暴力・パワハラを把握しておきながら止めさせる指導や教育を一度もすることなく放置してきた。
平成29年(2017年)9月服務規律違反で15日の停学、その後退校を命じられる。11月頃からは言葉を発することが困難な状態となり、現在も続いている。

次回裁判は2020年2月12日横浜地裁503号法廷10時より。

http://



[16] 横浜防大裁判

投稿者: クルー  投稿日:2019年12月 6日(金)14時48分22秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

横浜で防大イジメ訴訟初公判

12月4日、横浜地裁で「防大いじめ・国賠請求事件」の初公判がありました。
原告は2013年に防大入学後、指導に名を借りた私的制裁により適応障害を発症、言葉が出ない、過呼吸に陥る等の鬱病を発症し2017年に退校を命じられた。
原告は上級生等から何度も呼び出され、人格を否定するような罵声を浴びせられるいじめを受けた、教官に助けを求めても「我慢しろ、そんなの当たり前だ」と取り合われない、絶望感が蓄積し鬱病に至った。

防大では2014年にいじめ・暴力に関するアンケートを行い、学生間指導のひどい実態は把握されていたのに、原告が休学する2016年6月までそのことを放置していたことになります。
教官に助けを求めたのに改善されなかったのは、理不尽な指導でも甘んじて受け、命令に従う軍人を作るという悪しき伝統・教育方針が横行していたのでしょう。

裁判の目的は国側の安全配慮義務違反を証明し、加害行為を認定させること、防大の異常さ・あり方を問うこと。

原告のお父さんとしては「息子の受けた精神的ダメージを分かってほしい、息子の恨みを晴らしたい、防大で再びいじめが起こらないようにしたい」

今後も注目していきます。

写真は11月17日防大開校祭で写したもの。未だにイジメパワハラの温床となった学生間指導が行われています。

http://heiwasendan.la.coocan.jp/



[15] 補給艦「ときわ」自殺事件で防省衛との交渉報告

投稿者: クルー  投稿日:2019年11月25日(月)21時50分24秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

2018年9月に起きた補給艦「ときわ」の自殺事件
に関して防衛省と2019年11月25日交渉をおこ
ないました。交渉の席には福島瑞穂参議院議員も参加
してくださいました。
防衛省からの回答


http://heiwasendan.la.coocan.jp/
にもアップ
してあります。

「ときわ」で自殺した隊員の自殺の原因。

彼は元々射撃の専門手でした、幹部学校を卒業して
「ときわ」に新任幹部として着任、不慣れな業務環境
の中、様々な業務(福直士官、分隊士、甲板士官、前
部指揮官、射撃指揮官)を担任していた。新任なので
業務を覚えながら業務をこなさなくてはならない、業
務が個人的な能力からしてオーバーワークとなってい
った、加えて艦長や運用長のパワハラや暴言が徐々に
エスカレートして精神的なストレスが増加、オーバー
ワークも重なり自殺に至った、との説明がありました。

問題点は艦長や運用長のパワハラを諫めるべき先任伍
長が止められなかった、先任伍長制度の問題点。
先任伍長は曹士や海士の規律・風紀を維持し、服務指
導を行う役割で幹部自衛官に対する指導や心情把握は
困難であった、この点をどうするのか?

オーバーワークの中身がヒドイ、一般的にはオーバー
ワークではないが彼の能力からしてオーバーワークに
なってしまった、艦長のマネジメントミスである、と
説明しているが前記のような業務が集中しすぎている、
誰でもオーバーワークになる。加えて海上自衛隊の特
徴として航海中は休みがなく、港に帰ってから勤務時
間の辻褄を合わせている、こうした運用の改善がない
と問題が生まれるのではないか?

用語解説
副直士官…船を動かす当直士官のアシスタント。
分隊士……人事面の役職。
甲板士官…雑用係・総務。
前部指揮官・船の船首部で作業する隊員の指揮官
射撃指揮官・補給艦であっても機銃が供えられている、
      必要が有るとき設置、その指揮官。
運用長…護衛艦では砲雷長、「ときわ」では運用長
    もやいを取ったり、補給時に指揮する長。


http://heiwasendan.la.coocan.jp/



[14] 不当な判決

投稿者: クルー  投稿日:2019年10月17日(木)15時33分50秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

10月3日福岡地裁は」防大生の国に対する損害賠償請求を棄却しました。
防大でのいじめ・パワハラを認めながら国に責任はない、とはどういううことか?
防大の実施したアンケートでも信じられないような人権侵害を認めておきながら「防衛大学の組織上の安全配慮義務違反があったとは言うことはできない」(判決文)と言っています。

防大には2000人の学生が在学し、24時間学内で生活し70人の教官が指導しています。ところが、粗相ポイントや空気椅子・とばし等、暴力が日常茶飯事、学生間指導という名のパワハラが横行しています。将来の幹部自衛官として隊員を指揮する訓練、という名のもとに命令への絶対服従を強制して従わない学生を不適格者とみなして辞めさせるように仕向けています。そのため2005年には退校舎+任官拒否者+早期退職者が38.4%にも上っています。

こうした学生間指導は防大の訓練の一環であり、教官を含めて長い間の伝統となっている、防大・国の責任は明白。原告は控訴して戦う意思を表明してますので今後も注視していきたい。



[13] 補給艦「ときわ」自殺事件で防衛省との交渉

投稿者: クルー  投稿日:2019年 6月22日(土)10時09分0秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

補給艦「ときわ」自殺事件で防衛省との交渉

6月10日、自衛官の人権問題を考える神奈県内の5つの平和団体が補給艦「ときわ」での自殺事件で意見交換を行いました。
内容はhttp://heiwasendan.la.coocan.jp/mizuhokaitou.pdfで見てください。
リンクがつながらない場合はhttp://heiwasendan.la.coocan.jp/にもアップしてあります。
問題点を指摘しておきます。

市民との対話について。
国民に対する説明責任は認めつつもプライバシーの確保も重要である、と回答。
自衛官のプライバシーを守ることは大事ですが、その背景や組織の在り方を調査し、再発防止に努めることも大事です。特に近年のイジメ・暴力事件・自殺の多さからして自衛隊員のプライバシーを守る形で情報公開に努める必要性は大きい。公開しないのは隠蔽につながる、市民の声や目が隊内に届くことが必要です。

「ときわ」の艦長は自身の発言を指導の範囲と認識しており、自分の行為がパワハラだと認識してませんでした、と回答。
自衛隊内部でパワハラや暴力が未だにまかり通っている現状があります。指導という名の暴力・いじめが当り前の自衛隊、それを許している、見て見ぬふりをしている周りの人達。
ここには軍隊特有の絶対服従・上には逆らえない体質があります。これを改め、異議の申し立て、隊内生活での自由度を高めていかないと悪しき習慣は無くならない。

再発防止。
家族へのメール・幕僚幹部服務室へのホットライン・先任伍長のネットワーク活用・パワハラ相談員制度の活性化・教育の充実を上げてます。
聞いてる限りでは評価できますが実態はまだまだ。

「平成29年度パワハラ等アンケート結果」という資料があります。
http://heiwasendan.la.coocan.jp/29pawahara.pdf
(平和船団にもアップしてあります。http://heiwasendan.la.coocan.jp/

自衛隊員226146人中4708人が29年度にパワハラを受けた、と答えてます。内訳はひどい暴言・脅迫が60・1%、暴行9・8%、仕事の妨害28・1%(複数回答)パワハラは76・8%が上司から受けてます。
パワハラを受けたときに何もしなかったが31・5%、その理由として何をしても解決にならないから61・1%、行為者を刺激するから39・5%。
残念ながらまだイジメ・暴力は続いています。



[12] 防大でのいじめ・暴力事件の情報公開資料

投稿者: クルー  投稿日:2019年 6月22日(土)09時52分12秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

防大でのいじめ・暴力事件の情報公開資料

今年になってから防衛大学のいじめ・暴力事件の
NNNドキュメントが放送され、改めて其の酷さが
暴露されました。是非ご覧下さい。
https://youtu.be/ANBPM8zUpjM

防衛大学ではいじめ・暴力事件のアンケート調査
を行いました。その内容を情報公開法で入手しま
したので参考にしてください。

防衛大学における不適切な学生間指導等に関する調査報告書(いわゆるイジメ・暴力事件)
http://heiwasendan.la.coocan.jp/kaizi4.pdf

総括指導教官教育防衛大学生聞き取りの結果(学生聞き取りの結果)
http://heiwasendan.la.coocan.jp/kaizi3.pdf

学生間指導に関する学生への聞き取り調査
http://heiwasendan.la.coocan.jp/kaizi1.pdf

尚、ヨコスカ平和船団のホームページでも公開し
てますのでリンクがつながらない場合は
http://heiwasendan.la.coocan.jp/



[8] 防大生の任官拒否者内訳

投稿者: クルー  投稿日:2019年 4月 6日(土)21時30分38秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

2019年3月21日防大の卒業式が行われた。卒業生419人中11%あたる47人が任官を拒否した。(49名との報道もあり)25年ぶりの多さだ。グラフ参照。
拒否者が多いのは2003年からのイラク派遣の時期と2014年以降の安保法制成立によって戦場への派遣が現実化した時期。身の危険を感じたのでしょう。少ないのは2011年の東日本大震災以降。災害派遣が評価されてやりがいを感じたため任官拒否者が少なかったのでしょう。
自衛隊志願者の多くは国を守るためよりも災害救助によって人を助けたい、との動機が多数を占めています。

しかし、半田滋さんの記事によれば防大生の自衛隊拒否はこれだけに留まらない。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/56590

退校者数+任官拒否者数+早期退職者数(卒業後幹部自衛官学校へ入学する8月までに辞めた数)は2005年には38.4%にのぼり、5人に2人が忌避したことになる。同年入校した女性34人の内19人、55%が辞めたことになる。安倍政権下での軍拡・海外派兵志向が任官拒否者の高止まりを招いていることは明らかだ。

防大生が自衛隊を辞めるのは社会情勢や経済的理由にもよるが、軍隊内部での絶対服従・人権無視・いじめ・暴力によって嫌気がさいたこともあげられます。



[7] 続・防大でのいじめ・暴力

投稿者: クルー  投稿日:2019年 3月23日(土)07時18分17秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

東京新聞3月18日朝刊が伝えています。
2枚目の写真は訴訟を起こした男性が防衛大在学中に荒らされた机=本人提供


https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/
201903/CK2019031802000115.html?fbclid=IwAR1ed_C_i8x_-MG4xLJ6zM9VKv5hNmfJpmj2NQVMUiOHEPM_rO0plFwD8HY


反省文を百枚書かされ、体毛に火を付けられる-。
防衛大学校(神奈川県横須賀市)を退学した男性
(24)が、当時の上級生ら八人に損害賠償を求めた訴訟で、
学内にまん延する陰湿ないじめの実態が明らかになった。
専門家は「リーダーシップを学ぶという後輩指導の本来の
目的から外れている」と批判する。
 「この判決を機に、大学の体質が変わってほしい」。
二月、違法な暴行があったと認め、七人に計九十五万円の
支払いを命じた福岡地裁判決(確定)後、男性は訴えた。
 防衛大では全員が学生舎に住み、同じ部屋の上級生が
下級生を指導する。男性は二〇一三年四月に入学。指導の
名目で上級生に暴行やいじめを受けて体調を崩し、一五年
三月に退学した。被告八人のうち七人は現在、自衛隊の幹部
になっている。
 男性の弁護団によると、防衛大の内部調査などで
▽食べきれない量の食べ物や、固いままのカップ麺を食べさせる
▽風俗店に行き、女性と写真を撮るよう強要する
▽原稿用紙百枚に反省文を書かせ、ノート一冊を「ごめんなさい」
で埋め尽くさせる
▽机を荒らす-といった下級生へのいじめが確認された。
 また弁護団は、防衛大が一四年八月、全学生千八百七十四人
に実施した下級生への指導を巡るアンケート結果も入手。四年生
の57%に当たる二百七十四人が、下級生のミスや不手際ごとに
点数を加算し、一定値で罰を与える「粗相ポイント制」をしたこと
があると答えた。こうした実態について、防衛大は取材に
「再発防止に努める」と答えている。
 元海将で金沢工業大虎ノ門大学院の伊藤俊幸教授は「最も重要な
リーダーシップ教育の一つである後輩指導がうまく機能していない。
幹部に求められる豊かな人間性を育てられるよう、教育内容を改善
すべきだ」と指摘している。

アンケートの一部は「防大の人権裁判を支援する会」
にリンクが張ってあります。
http://boudaijinken.sitemix.jp/img/boudaisidou.pdf



[6] 防衛省からの回答

投稿者: クルー  投稿日:2019年 3月 2日(土)11時52分25秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

2018年9月に補給艦「ときわ」で男性3等海尉が自殺した事件について福島みずほ議員事務所を通じて再発防止を申し入れたところその回答がありました。その問題点を挙げてみます。

1、事件の発生から報道まで明らかにされなかったのはなぜか?
9月に事件があったのにその時点でなぜ調査なり、アンケートを行わなかったのか?11月になってからパワハラに関する情報提供があったので調査した、と回答してますが乗員が自殺しているのに調査やアンケートをしないのはおかしい?「プライバシーに配慮」を理由にしてますが艦長が絡んでいるので隠蔽しようとしたとみられても仕方ない。

2、再発防止に関して「努力している」と回答していますが、艦長自らなぜパワハラ・イジメ・をしていたのか、乗員の中で防止する自浄作用がなぜ働かないのか?努力しているでは済まされない、再発は時間の問題だと言わざるを得ない。

3、自衛隊を辞めたい隊員はすぐ辞めさせるべきだ。自衛隊員の相談で多いのは「辞めたいのに辞めさせてくれない」です。今回の自殺でも本人は2日前にも直前にも「自衛隊を辞めたい」と話していたそうです。辞めさせないのは職業選択の自由を犯すもの、たとえ自衛隊という制限があっても基本的な人権は保障されなければなりません。自衛隊を辞めたい人の中には問題を抱えている人がいるわけで、辞めさせなければ事態が悪化する場合があるので速やかに退職を認めるべきです。
この点については「無理に引き留めるということは基本的にはあってはならないと考えており」と回答していますので多少の前進はあったと理解してます。



[5] 護衛艦「ときわ」でのパワハラ自殺事件で横須賀総監部に申し入れ

投稿者: クルー  投稿日:2019年 2月 6日(水)12時19分41秒 KD175134080209.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用   編集済

Facebookからの転載です。

1月30日補給艦「ときわ」でのパワハラ自殺事件で横須賀総監部に再発防止のに申し入れをしました。
申し入れには福島みずほ事務所の秘書Nさんにお世話になりました。

申し入れについて、
「回答は後日中央から有りますので今日はお話を伺います」との事でしたので色々意見を言ってきました。
特に「たちかぜ」自殺事件での再発防止はどうなっているのか??
現場の責任者が答えないのは当事者意識にかける? 云々

後日回答がありましたらお知らせします。


13件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.