teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/10 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

善悪というものは、神に於いて、動いて、導かれる、ものである

 投稿者:盲目  投稿日:2020年 6月 4日(木)09時53分56秒
  通報 編集済
  善悪は、神ではなく、憲法と、感違いしている。
他のものが目に入らず、理性的な判断ができないこと。

憲法で、善悪の、決着が、つかなくなって、いるのは、善悪というものは、神に於いて、動いて、導かれる、ものである。

善と悪の事。 宗教的な善悪は、神という存在を仮定して人が授かった“ 教え ”に従うか反するかである

ここで、政府とは、神の座主所では、ない、まして、明治からの憲法は、集団が鳥合の集が、決めた憲法、で、強制では、なかった? 憲法は、強制は、できなかったが、今では、警察なる、神を、粗末に、扱う、警察署と、なっていて、しいて言えば、悪ところでしか、なかった? 慎むべし、神を、粗末にして、人間に、強制力は、て゜きなかった。
人間に、何々せよ、としているのは、神に、反士ている。

ここに警察検察というのは、憲法、愚連隊でしかない。


人間は、それを、良い事に、して、政府が、公務員という、組織、が税金や憲法で、強制しているのは、このましい、ものでは無い。
神に、逆らっていた、事が、わからなかったと、いえよう。
人間から、税を、かけるのは、政府ではなく、神への、お蔭、奉公の税、昔は、年貢といった。
今のように、政府の役所は、神には、関係しなかった、のであり、神の旗を、ちらつかせているが、神に、粗末にする、鳥合の集が、憲法や税など、貢賦コウブ、ではなかった。ごまかし手いる、政府。
租税。貢賦。 「 -を軽くし、斂おさめものを薄くして/日本書紀 仁徳訓」


 
 
》記事一覧表示

新着順:9/10 《前のページ | 次のページ》
/10