新べらクラブ 掲示板

新べらクラブの掲示板です。釣り情報・写真等大歓迎!!



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: へらぶな釣り


新着順:17/401


[394] 土日のつり

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月23日(月)09時31分23秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんおはようございます
 まずは土曜日ですが、日曜日に月形での例会があるのでそのプラといったことで、同地に夜明けとともに到着しました。
 早くいったのは、兎に角モジリを見たくてなんでありますが・・・。
 これが、とにかくナッシングに近い状況であります。

 1時間ほどをかけて隈なく偵察したのですが、結局それを当てに入ることもできず、思いつくままに旧ゲートボール(『旧』と言っても無くなってから20年以上は経過しており、これからの若い人のためにも呼称を変更した方が良いような気がします、小沼には中洲があるので大沼の中洲が良いのかもしれませんねー)の、赤橋の東側倒れた看板の右手に座を構えました。
 浅くなりました・・・、つくづく思わされます。
 18尺を継いで平素より幾分かの増水にあってなおタチは1.8本ほどしかありません。
 『旧』の名を冠する前、つまりはゲートボール場があった頃は、並びはほぼ2.5本以上あり深いところは16尺も継げるば3本を超えるところもあったのに・・・。
 浅くなっている理由は、多々あるとは思いますが、一番の原因は凍害とでもいったことなんでしょうか、つまりは水分を含んだ陸地が冬季間に凍って、春になって氷が融ける時に削られる、それが『旧』が冠され、今やそれさえも夢のあと・・・、月日が記憶を削るようにまた陸地を削りました。
 その陸は砂に変換されてどんどん堆積していったのです。
 その証拠が、確りと陸地に残されております。
 釣り座をかける際に一歩水に足を入れる直前気付きました。
 最後の一歩の不安定さできづかされました、草が根を張るその下は完全に空洞化しており、ハネダシになっているのであります。
 また、一年遠浅が進んで折角の好ポイントが・・・。
 前述はどうあれ、ままっ話を釣況に戻すと長かった話は、直後に終わります。
 ジャミでガッシャガシャ・・・、6時過ぎから昼前までやって小べら1枚の貧果であります。

 で、気を取り直すのに小一時間かかったものの昼過ぎから2時過ぎまで、ステージ流れ込み右3mで同じセッテイングで、少しジャミはおとなしかった(前述が10なら8ぐらいか?)ものの、2枚の貧果でミナミクニキタクしました。
 会友のS井氏が小沼背中の大沼向き土管横で、ならばと背中を向いて小沼で・・・、イズコモオナジアキノユウグレ、「ジャミでガッシャガシャ」とのことで、二人の情報をすり合わせると翌日への展望は・・・果たして「今日はもう寝る」悲観せざるを得ない状況でありましたとさ。

 カラスカーで夜が明けて、温泉駐車場で会友と顔合わせ(勿論のことマスク着用の上十二分の距離を取って)、取り敢えず仕事などで、事前の情報入手が困難な会員もいるので、前日の情報は基本的に完全オープンであります。
 皆「・・・」、「じゃスタートしてください」駐車場を堤防に向けて車が進む中、管理人は背を向けて帰りたい衝動を抑えて、13階段に向かって車を進めました。

 で、取り敢えず最初に車を止めたのがパーク下で、ここに車を置き偵察、決め手となるモジリはある筈もなく、ならば平素は入らない同並びのずーっと奥の藻の切れ目まで歩いて・・・、ただのウオーキングで終わります。
 小沼を観察も、やはりモジリは無し・・・。
 「サイゴニイイノコスコトハアリマセンカー」
 「ナラバ、アキハステージノイリグチガワ」
 管理人的には、そんな風に思っているステージの入り口側に座を決めることにしました。
 先着の方に気持ちよく「どうぞ」を頂戴し、2番目の出っ張りの右て柳左に座を構え、18尺1.8本でスタートしました。
 散々迷ったのですが、取り敢えず餌は「マスターいつもの」といったことで、グルマッシュで始めるとこれが・・・。
 「前日と同じ沼?」ってぐらいウキはすいすいと入ります。
 どうかすると、無反応なこともあるほどで、拍子抜けしました。
 丁度お時間が参りました、ヤボ用で出かけるので続きはまたの機会に、例会の1枚目が写真のへら、管理人に明日があるのか「どぉ~ちだー」のココロダー。



下が


新着順:17/401


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.