新べらクラブ 掲示板

新べらクラブの掲示板です。釣り情報・写真等大歓迎!!



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: へらぶな釣り


新着順:30/329


[306] 土日の釣り(10/24/25)

投稿者: 管理人 投稿日:2020年10月26日(月)09時52分14秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんおはようございます
 そしてアッキさんユミさん例会お疲れさまでした。
 取り急ぎ、土日の釣況をば申し上げます。
 まずは土曜日ですが、現地に7時過ぎに到着ししばらくモジリを観察すると、丸沼はポツポツながら、時期を鑑みるとまあ何とかなりそうなそれでありました。
 比して、大沼は増水に伴って水色も平素よりも更に悪く・・・。
 ただホソはそこまでの濁りではなく、「これなら何とかなるかも」といったことで奥のプール状のポケットから一度くびれて細くなる右手に入って15尺を継ぎました。
 タチは一本強ほどで、新べら両グルテン底で始めましたが・・・。
 うわさに聞いていたよりはウグイはそれ程でもなく、餌を底につけることはできました。
 ただ兎に角へらが寄りません、小型のコイが数匹とマブが少々で、そうした魚が寄った瞬間は、ウグイの気配が消えるので、今回こそはと粘り倒しましたが、5~6回餌を種類や硬軟を変えて作り直してみましたが、結局ノーホーラでした。
 普通は帰宅といったことになるのですが、「あっオレ直近の釣りもデコだった」ことを思い出し、ぐるりと踵を返して丁度背中合わせになる丸沼に向かって竿を出しました。
 で、3時間ほどで取り敢えず1枚はゲットしました。
 対面側では、ぽつぽつながらは竿が絞られており「明日はそっちか~♪」の感想でありました。

 カラスカーで夜が明けて・・・、いよいよ最終例会となりました。
 朝の挨拶・打ち合わせを済ませ、蜘蛛の子を散らすように会員は思い思いのポイントを目指しますが、管理人はとりあえず・念のためこの時期の狙い場所のホソの偵察をしてみましたが・・・。
 前日同様にモジリはほぼほぼ皆無であります。
 中洲から丸を観察すると、会長が丁度西面の中央やや入り口寄りに座を構えている最中でした。
 同氏の周辺はモジリもほどほどにあり、好印象であります。
 当てもなく、対面を目指すと会長の隣が空いており、遅れ馳せながら”残り物に福”を求めて、お隣に入れていただきました。
 両隣に挨拶を済ませて、さて本日のゲームプランをどうする?
 竿は16尺を継ぎました、06-03で1.8本ほどのタチの底釣り両グルテンでスタートしましたが、ウグイが結構うるさく、餌を底につけるのに難儀します。
 それでも硬軟大小を工夫して底釣りをできるようになったのですが、いざ底に餌がついても反応があまり良くありません。
 隣の会長は、宙で快調!!
 右隣の一般の方も短竿両ダンゴで快調!!、あっという間に5枚以上の差を付けられてしましました。
 1.5時間ほど底を粘ってみたのですが、あまりにも差が大きくなってきたので、底を諦めて30cmほど切った宙で仕切りなおすと、ぽつぽつと釣れるようにはなったのですが・・・。
 右隣の会長とは最大で10枚以上の差がついてしまいました。
 ここで、作戦を変更し、04-02に、道糸ごとまるっと変更し、いざ勝負!!
 で、餌も色々と作ってあれこれ試した結果、この日は1:1マッシュと新べらグルテンの同量グルマッシュがウキも踊らないし、カラツンも少ないことがわかりました。
 が!!「会長との差は一向に縮まらず」だったので、釣り辛いのではありますが、自身の一番得意な、『抱えさせての変化取り』を選択し、新べらプラス四季の同量両グルテンで、空をもらいながら手数で攻める釣りで、中盤を追い上げることに成功し、最終版の30分は追加できなかったものの、カウントは丁度30枚、会長は25枚で14時終了となりました。
 会長の方が良かった(特に序盤は管理人の型が小さかった)ことは判っていたので、届いていないかもだったのですが、双方5K台でわずかに管理人が上回ることになり、辛勝でありました。
 この日、勇気をもって大沼に入ったヒロパパとカイ君も数・型とも伸びなかったのですが確りと検量場所にへらを持ち込み、管理人としてはそのチャレンジ精神に「格好いいなぁ」と感じ入りました。
 結局上位は丸沼から出たのですが、北面と西北面(Kazuさんとアッキさんご夫妻入座)は型が思わしくありませんし、数ももう一つだったようであります。

 これで、コロナに翻弄されたシーズンが終わりました、潜伏期間はあるとのことで油断はできませんが、兎に角無事にシーズンを終えられたことは喜ばしいことであります。
 あとは、最終EXの『なーんちゃって例会』がこの週末に月形で開催されます、今年は納竿会も開催しませんので、会としての公式な行事はこの週末が年内最後といったことになります。
 季節もすっかり深まって、残りの木の葉の数が気になる時候であります。
 ただ最後の力を振り絞ってその木の葉も赤く燃え上がります、習いて我らも熱く燃えましょう、狙えなーんちゃって制覇のココロ・・・!!

 おっと、忘れてたー、ユミさーんフラシの穴で折角の釣果が大変に残念なことになり、さぞや悔しかったことでしょうね。
 へらの悔しさはへらで返すしかありません、今週末に期待していますよー。
 なんといっても、例会の自己記録を2から3枚に更新したことは、素晴らしいのであります、週末は3から4でなく制覇まで目指しましょうのココロダー!!


 


新着順:30/329


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.