新べらクラブ 掲示板

新べらクラブの掲示板です。釣り情報・写真等大歓迎!!



カテゴリ:[ 趣味 ] キーワード: へらぶな釣り


398件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。


[409] エサ落ちメモリについて

投稿者: アッキ 投稿日:2021年 9月16日(木)22時31分55秒 KD118157121068.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

皆さん今晩は、管理人のエサ落ちメモリのレクチャーですが、

皆さんは(ベテランさんは)エサ落ちメモリを何処にしてますか?
本など読むと、ボディーから3つ目とか、釣り方によって5つ目とか、

俺はユミのエサ落ちはボディーから1つ目にしているんですよ。
理由はユミはセット釣りで馴染ませての釣りでばらけ餌の重さで浮きを馴染ませたいから。
食わせは、力玉で、ばらけを、重たくして馴染ませないと、浮きの動きがわからなくなります。
なんせ、浮きを馴染ませないと、駄目ですから。
エサ落ちメモリがボディーから3つ目だったら、浮きが沈没して当たりを取れません。
これは、本州の管理釣り場だけの釣り方なんでしょうか?

奴に(ユミに)釣らせてあげたい。


このエサ落ちメモリ、駄目かな?

ご指導下さい。




[408] その3

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月15日(水)14時08分14秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 因みに管理人が使っている、0.3m厚さ(ビバ・〇―ムさんのアルミの部材などを打っているコーナーに5×30cmの大きさで巻いてある状態で売っております(約200円)。)の板錘の1gと一円玉の大きさの写真をその3に掲載します。
 ざっくり、ほぼ同じ大きさであります、材質は違えど厚さが違うのでこんなことになるのですが、もし0.25厚の錘を使っている方は少し大きくなると思います。
 で、その100分の一を正確に切り取ることがどれほど難しいかはお判りいただけると思いますが・・・、これを逆接すれば管理人の仕掛錘が0.1ということになっているのは±0.01までは許容範囲の判断とお考え下さいませ。
 「0.09ちょっと切りすぎたか―」、「0.11もう少し切りたいけどなー」
 2つの言葉に続くのは「まあいっかー」なのであります。
 で、この切れない0.01gの壁は、実はナイロン系の道糸の長さでの重さの変化の単位の一つ上の単位なのであります。
 また、針についても、因みに管理人はバラサを使いますが4号で17.7mgつまり0.0177gとなります、3号では0.0151gですからその差は0.0026gで、0.01gを正確にハサミで切れないのにさらにその下の単位の0.0026gを正確・・・、ナンセンスでしょう?
 また、寒い時期と温かい時期で水の比重は違ってプラスの4度の時に最も比重が重く・・・、まあ心配の向きには寒くなってきたらまた一度確りと基準の餌落ちを取って・・・。
 多分、経験上ではそれほどは違わないと思いますが。
 誤解のなきように申し上げておきますが、重さ的には違いが殆ど無くとも餌落ち目盛りには変化はないとは申してはおりません、気になるようであれば確認作業は必定であります。
 ただ、この自宅の極小マイ池で餌落ちを取る簡便さは、やってみるとどれほど使いまわしが良いのか?
 やればわかるさ迷わずやれよ!バカヤロー!!ダー!!!なんであります。

 なお言わずもがなでありますが、針の銘柄によって(例重鎮や手研ぎの針)は、重さは号数で大きく変わる場合もあります。
 ただ、現行で出ているハイカーボン系とでもいうのでしょうか例えばグルテン針や管理人の使っているバラサなどでは、上下1号程度であれば号数による餌落ち目盛への影響が出るほどの差はないように思います。
 何せ、正確に板錘を切れるのはウーン、0.02gでも結構難しいと思いますよー。
 兎に角、0.001g単位であれば、パイプ系のウキなら差は出ない筈ですし、管理人の使っているPCムクの0.8でも殆ど・・・、使ったことは殆ど無いグラスムク系でなら少しは出るかもしれませんが・・・、まあ現実的には出ない筈です。

 さてどんなもんでしょうか?あくまでも管理人の餌落ち目盛りの取り方でしたが、みなさんは如何にお考えですか?
 もっと簡便で正確な方策があれば是非とも情報公開してくださいませ。

 もう一つですが、精密秤があると、餌落ち目盛り表なんて―のが作れます。
 自身のウキの餌落ち目盛りが見える化できますね。
 「錘ごと道糸から」なんてことになっても、今度は極小マイ池を経ずとも秤で計測しながらチョキチョキ作ればよいのでありますが・・・、まあチョッキリには中々切れません、ここで「管理人が言っていたなー」「±0.01ぐらいなら・・・」まあいっかー

 取り敢えず、まあいっかー餌落ち調整法のココロダー



[407] その2

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月15日(水)13時48分53秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 さて、この小さな錘が何グラムなのか、因みに管理人のそれですと0.1gであります。
 更に蛇足ですが、それの計測は写真の精密秤を使っております。
 で、「精密秤がなきゃできないじゃん」、いやいやお客さんこの小さな錘が何グラムか不明でも、所謂『あなたの仕掛けの重さのバカ棒』なんですから、精密秤なんて必要ないんであります。
 ハックション!!「あれどこ行った?」
 もし、このバカ棒を失くしたら、最初に戻って確りと餌落ち目盛りを取ってきたウキの錘を直接ウキの足に巻き、小さな錘を取り付け・・・、そうですまた作ればいいだけなんであります。
 ただ、この精密秤があれば、まずは小さな錘のグラム数を確りと数値化でき、それをもってしてこの錘を複数個作る(秤がなくともハックション前の手順で作ればよい写真2)ことで、餌落ち目盛りが同時進行(写真3)で一度に5本とか10本できることにはなります・・・。



 いくつか前提条件などに穴があるとのご指摘もある筈です・・・。
 管理人も、実は錘を巻くウレタンのパイプを使うまでは、こうした方法については否定的な考えを持っておりました。
 ただ、ウレタンパイプを使うことで、錘の取り外しは非常に簡便になったことが引き金になって、現在に至っております。
 おっと、穴の話でした。
 まず、小さな錘の決定に関して、いくつかの考慮すべき点がありますよね。
 まずは、道糸の重さが随分と餌落ち目盛りに影響してくる(ウキ下の深さや太さなど?)のでは?
 これについては、現在ナイロン系の糸をお使いの方は、影響なしとお考え下さいませ、勿論のことカッツケと、21尺のチョウチンではいくらか違うかもしれませんが、そもそも、これを一緒のウキで釣ることはないでしょうから、不安であれば両極端用に二種類小さな錘を用意して管理すればよいと思います。
 なおナイロン系の道糸の水比の比重は約1であります、道糸が体積として押しのける水の量と自身の重さはほぼ一緒になり、アルキメデスの定理を持ち出さずとも、経験則でもそんなに違いは出ないことはご理解いただけると思います。
 ただ、フロロカーボン系では比重が少し増すので、几帳面になすのであれば小さな錘(面倒なので以後仕掛錘)を、浅いタナと2本以上のタナの二手作ると良いかもしれません。
 ただ、一応申し上げておきますが次項とも重複しますが、基本的には0.1gの下の単位をハサミで切ることは非常に難しいのであります。
 一円玉が1gということは有名ですが、簡単に言うとこれを100等分してそのうちの一つが0.01gであります。





[406] 管理人の餌落ち調整

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月15日(水)12時34分41秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 さて、標題の件ですが、実は管理人は釣り場での餌落ち調整は殆どしません。
 自宅でやります、暑くもなく寒くもなく、時間が出来た時にっていうか晩酌の流れの中でも・・・。

 まずは、写真一の管理人の仕掛けであります、基本的にみなさんとそんなに変わらないと思います。
 ウキ止めは誘導式のタイプで、道糸にトンボを打ってそれで上下を抑えます、その上にトンボを別に一つ付けてこれはタチ(水深)の目安になります。
 その他は、錘をまく下地としてウレタンパイプの0.5サイズを使っており、これの固定も上下トンボであります。
 ハリスとの結節部は丸カンであります。
 で、まずは釣り場でキッチリと餌落ちを取る・・・、あらー行ってることが違いませんか―。
 ハイハイ、まずはこれは絶対条件でありますので、もう少し我慢して進んでくださいまし。
 言わずもがな、餌落ち調整は、大変に微妙な調整が必要になります。
 また、兎角開始当初と終了時では目盛りは深くなりがちであります。
 これは、ウキのボデイ部分の塗料や、何よりトップ部分の蛍光塗料の水分の吸収(家での餌落ち取りには写真2のウキを一定時間(5分ほどでしょうか)逆様に水に浸す)が、結構なメモリ変化に繋がります。
 その他にも、道糸の同吸収などもあるかもしれません。
 ままっ、より正確なそれは「上がりべらも釣ったし、今日は止めるか」と思ってからキッチリとそれを確認することが、一番でありましょう。
 でっ、ここまでは釣り場でなければできませんが、ここから家に帰って・・・、からが管理人の方法になります。
 まず用意するものは、できるだけ深さのある入れ物を用意する、管理人は晩酌の焼酎やワインの空きペットボトルを使っておりますが、飲まない人には100円ショップのゴミ箱の背の高いものなどはお薦めです、勿論のこと材質は水漏れがないものをとなりますが。
 さて、まずは写真の3のようにウキの足部分に、まずは確りと餌落ち目盛りが取れているウキと錘を連動させて、その下に小さな錘を巻きます。
 写真では、管理人のそれですが実際は袖に出来上がっているので小さなものは巻き込んでおりますが・・・。
 ここまで読み進んで合点がいった方は、この後を読まなくても言わんとすることはご名答でありましょう。

 マイ池にウキを浮かべて、小さな方の錘を切っていき、餌落ち目盛りがキッチリと出来上がったその時、小さな錘は最初の写真管理人の仕掛けの重さであります。
 次に続く






[405] ドリーム

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月14日(火)13時06分57秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 DREM誤→DREAM正、お恥ずかしい限りであります。
 シフトキーを押しながら、ローマ字キーを押してなんてことをやってうちにハイきちんと読み返さずに・・・。
 正直、ここ掲示板の形式になってから、一度上げた自身の文章の後訂正の仕方がわかりません。
 パソコン変換の誤字も気付かない其れも少なからずあるとは思いますが、実際に自身が気づいた場合も、ごめんなさい、以前釣友から「意図して間違えているのか、いやきっとそうだろう」との温かきご指摘を頂戴しましたが、浅学博識ゆえの至らなさ以外の何物でもありません。
 今後も倍旧の温かさでお付き合いの程よろしくお願い申し上げます。
 こんなミスがないように、コピーすれば良かったんでありましょうか・・・。




[404] 土日の釣り(9/11.12)

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月14日(火)12時49分37秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 土日の報告を遅ればせながら申し上げておきます。
 まずは土曜日ですが茨戸湖のパークゴルフ場焼き肉屋さん向き(ポンプ2台を越えて30mほど)に朝一から入りました。
 モジリは、ポツポツある程度でしたが、いつもあるジャミのプチプチ感はなく、何とかなるかもとの開始前の印象でありましたが・・・。
 打ち始め(グルマッシュ)も、比較的ウキは入ります。
 ジャミは1/3回ぐらいのペースでウキに反応はありますが、野釣りではまあ完全に許容範囲内の手応えです。
 その後も、餌を動かしたりしたんですが、とにかくへらが寄りません。
 結局、6時半開始で10時過ぎにノーへらでギブアップしました。
 竿は15尺でタチは2本弱1.8本ほどで打ち切りました。

 道中で花畔大橋に向かった会友から、数枚との情報も入っていたので、そのまま帰ろうかと思ったのですが、踵を返してめったに行かないガトキン前の広場へ、写真撮影を兼ねて向かってみました。
 相変わらずの賑わいでしたが、賑わっているのはいるのはへら以外の菱藻と人間の頭数で、「全くダメというか最近釣れたためしがない」とのことでありました。
 2時間ほど、観戦していたのですが、ウキ自体は動いてはいるようなので、管理人も「少しだけ」とスケベ根性丸出しで、ご開帳しましたが、マブ数匹以外は殆ど当たりすら貰えず、ミナミクニキタクしました。
 同釣り場の、人的な賑わいに、「どこかに確りとした足場が確保できる、手軽な釣り場が必要」と、改めて市民釣り場の必要性を感じました。
 コロナとの綱引きがありますが、このオフシーズンにはまた役所周りをしてみようと、心に決めました。

 日曜日は、流石に2日連続のオデコだけは回避したいので、北村に向かって車を走らせました。
 天気予報の下り坂を考慮し、鉄板沼(橋から観察)を最初に偵察すると、南側のオンドマリ手前の倉庫下あたりに先着がいらっしゃいました。
 全体にはそれほどのモジリはなく、他の場所も、「まずは釣り座を作りなはれ」状態と見受けたので、ふれあいに向かうとここも取り立てたモジリはなくレンギョ沼に向かいました、ここで熱心に「一緒にやりましょう」とのお誘いがあり、トイレ裏の左端に座を構え且つ更に斜に左に16尺を仕立てました。
 風が強く吹くような天気予報だったこともあり、
トイレ裏は人気になるはず→後から来る人がより多く並べるようにとの管理人なりの敬意の表れであります。
 実際にそこに4人が並ぶことになったのであります。

 さてバラグルでスタートし、道中いろいろやっては見ましたが、予想通りに10cmほどかあるいはそれに満たないほどのへら鮒がウキの動きを複雑にしてくれちゃいます。
 型を選んで釣る方向も色々やりましたが、結局ままっへらと思しきものを全部釣る方向に舵を切ってみるとこれが一番リズムに乗れて昼前で10枚になったのを潮に竿をたたみました。
 タナ(タチは2.5本)は2本で釣りましたが、実際のへら鮒のタナはもっと上の印象でしたが、ただでさえ小さいので無理に深取りで釣り切りました。



 さて閑話休題ですが、昨今のへら鮒釣り人の高齢化は非常に深刻であります。
 そして、心配している管理人本人も齢62ですから、「お前もな!」と言われるお年ごろになってきたのでありますが、日研の先輩諸氏を含めた先達の行く道を真剣に考えて上げなければならないと痛切に感じているところであります。
 と、どこかで聞いたことがあるような一般論は、まずもって「馬に喰わせろ」ほどで、聞き飽きております。
 正直管理人は専門誌などでこの手に記事を拝見する度に、「もっと具体的な『対策』を・・・」との、天に唾する思いをしております。

 お前も心配かー誰でもできるし―

 いや管理人は、ここに具体的な対策を一つ提案します。
 前述の広場がなぜあれほど高齢者に支持されているのか、全く釣れていないのであります。
 それは、まずもって釣り座が構えやすい、安全である、いつものメンバーが待っていてくれる等々がありましょう。
 同じようで、中津湖はウエダ―が必須ですし、茨戸湖の各ポイントも同であります。

 高齢化といったことは、同時に体力気力の衰えも大きく釣りの意欲に影を落とします。
 自身の残されたへら鮒釣り人生を、釣果にも恵まれるようなより良き釣りで終わらせたくとも、ウエダーで前に出て・・・。
 「なら俺は広場がイイや・・・」となっているのではないでしょうか。
 本当は、「俺はそんなに多くは望まないよ」「そうだなー車から近くて、足場が良く、へらが10枚ぐらい釣れて、いやになったらすぐ帰れて、家から近く、あと短竿でも水深があって、水色が・・・」
 いやいや、お父さん欲が出ていますって!

 私、できるかどうかは別として、発寒川沿いの東屯田遊水地(発寒川右岸沿いの2つの池があるところ)の一つを、釣り人に完全開放してもらおうと、現在企画書を起こしております。
 いきなり開放といっても、現在でも特に釣り禁止ではないのでありますが、ただまずは水深が極端に浅く、現時点では藻で釣りにはなりません。
 釣り場に開放といったことになれば、まずはある程度の水深の確保は必須であります。
 先を急ぐ形になりますが、へらはどうするの?
 これは、毎年ごととなれば、日研の放流事業の手助けは必要になりますので、役員会に諮って理事会で承認を取らなければならないはなしで、管理人と言えども軽々と口にできる話ではないのですが、そのための尽力は惜しまないつもりであります。

 ちょっと先走りましたが、何かを達成するためにはヒト・モノ・カネであります。
 ただこの中で、本当に難しいハードルは実はヒトであると管理人は思うのであります。
 もっと言えば、実はヒトがあるところには知恵が発生し、あとのモノ・カネは「付いてくるもの」と思っております。
 青臭く聞こえるかもしれませんが、何かを為すときは青臭い意見が、寧ろその青臭さ故
ヒトを突き動かし大きなことを達成できると思います。
 誰の心の中にも『青臭さ』はあり、ひとはそれを『夢』とも言い換えます。

 「I HAVE A DREM. 私には夢があります」暗殺という卑劣な暴力に散ったマーチンルーサーキング牧師の言葉として有名です。
 こんな高名な人と比す何物もないのですが、「私にも夢があります、へらを釣る人と全く釣ったことがない人が一つの釣り場で仲良く語り合い、教え、導き、そして何より次代へと繋ぐ・・・、そんな誰でもが気軽に行ける安全で清潔な釣り場が貴方の直ぐ傍にできることを・・・」

 青臭いですかー?
 実現不可能ですか―?
 私はあきらめませんよー!












[402] 取り急ぎ

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月12日(日)15時32分46秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 早速ですが、月形皆楽公園沼ですが、本日までの閉鎖が月末まで伸びております。
 ままっ、ご推察の通りにコロナ禍に伴う緊急事態延長によるところでありましょう。
 なお、それ以降につきましては現時点では不明でありますが、緊急事態が解除になればこれまでの例に倣えば、同といったところと思われます。
 また情報が入り次第、申し上げます。
 まずは拡散希望にてよろしくお願いいたします。



[401] タブレットから

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月 8日(水)11時39分57秒 om126156198077.26.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

 皆さんユミさんこんにちは
 新しい竿が手に合ったようで何よりでしたね。
 せっかくの新竿ですから、第一印象は大事ですよね。
 性能は言わずもがな、色やデザインも購入の要素としては外せないのですが、残念ながら女性を意識したデザインは、この釣りに限らなく、釣り界全般に大きく不足しています。
 そうしたことを鑑みると、ままっ風切は現行では、兆なんかと並んで件の要素としては満たしているかもです。
 とにかく、手に馴染ませるべく振り倒しましょうね。

 さて、もっと長い竿の件ですが、今は風15切を自分のモノにすることが全てで、考える必要はないのですが、場合によっては翼13を振ることもあるはずです。
 その時に絶対に思うはず、あれっ?こんなに短く振り易かった?
 気付かない間に、ご本人は振り込みが上達していた証拠ですよ。
 ならばこそ、13?15の時のハードルも、そんなに高くなかったはずです。
 風切が完全に手に馴染んだ時、より長い竿への新たなチャレンジ時が来ます、昨日の自分に勝つべく努力を惜しまなければきっと来ます!
 まだまだ実感や自覚は少ないかも知れないけどずいぶんと進歩しています、風切がユミさんのページをまた一枚めくったんですよ。

 秋は当たりが小さくなりがちです、長い竿も必要になり、釣りの精度が求められます、だからこそ、その条件を満たして釣果を得た時の喜びは至福以外のことばは見つかりません。
 お互い、その先にある至福を目指して、切磋琢磨していきましよう。

 

http://だ



[400] 新しい竿

投稿者: ユミ 投稿日:2021年 9月 7日(火)18時04分55秒 KD118157121068.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

皆さんこんにちは?ユミでーす

新しい竿、風切15尺が届きました。

本当は、翼の15尺が欲しかったのですが、何処を探してもありません!

旦那と相談して、風切の15尺を買いました。

店で、試し振りさせてもらったけど

「こんな長いの私振れないわ!」

でも、沼に行くと、普通に振れました!

苦手な北村のレンギョ沼で2枚釣れました!

私何時もオデコだったのに最近は、オデコ回避しています。

日曜日のふれあい公園でも、2枚釣れました。

巨大なナマズも釣れました。

自分でキモいので、ハリを外せないので、アッキにとってもらいました。

このまま今年はオデコ回避記録を伸ばしますヨー!

私、振り込み出来るようになった!

でもね17とか18はギブだわ!



[398] 土日の釣り(9/4/5)

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 9月 6日(月)08時47分19秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんおはようございます
 さても朝夕はすっかり涼しい時候となりました、この土日も朝一は上着を手放せない『涼しさ』というよりも肌寒さを覚えたほどであります。
 まずは土曜日ですが、このところ続いていた茨戸湖を離れて、北村に向かいました。
 鉄板沼をチラ見して、ふれあい公園の道路下を偵察し、まずまずのモジリは無かったわけではありませんでしたが、そのままレンギョ沼へ・・・。
 モジリは程々にはあります、田んぼの中の四角沼を偵察し、ここも程々のモジリは無かったわけではないのですが、当然のこと稲刈り前でしたので踵を返してレンギョ沼へ戻ったのであります。
 北面の中央付近に釣り座が出来上がっており、あまりに綺麗にしてあることから少し逡巡したのですが、ままっ「俺が・・・」との向きには移動含みで座を構えました。
 16尺竿を継いでタチを測ると3本弱「山盛り2.5本」のタチがあり底釣りも面白そうと思ったのですが、2本の宙でグルバラとコウテンのブレンド両ダンゴでスタートしました。
 ワンボール打ってみたのですが極小(10cm未満)のへらが数枚きたものの、ウキの動きは乏しく、ここでグルテン系に餌を変更し正午前には20枚(尺上1枚の他は7寸6寸)になりました。
 取り敢えず、底は?といったことでここからバラグルで底釣りに変更しましたが、あまりウキの動きは良くなく、1枚追加で再び2本の棚へ、するとやはりウキの動きは多くなり2枚追加し午後1時ヤメで23枚の釣果であります。
 極小へらとジャミが程々いることと、へら自体も寄りが弱いことが起因しているのか食いもイマイチで、もう少し工夫すれば何とかなるかもとの印象でありました。
 対岸に入っておられた相変わらずアツアツのアッキさんご夫妻を訪問し、弓さんが新調の白い竿を振っておりここは突っ込みどころですので、「対岸で竿が光って眩しかった・・・」。
 ままっ、既に2枚釣り上げているとのことで、入魂式もお済ですので、ご機嫌の麗しかったことは言うまでもありません。

 その後は夕刻まで親子連れの一般の方に餌を作ってあげたり・・・、なんとパパさんがへらを釣り上げたので、気分は上々で帰路につきました。


 カラスカーで、日曜日ですが、レンギョ沼は結構な先着者がおり、アッキさんご夫妻と会友S井氏と管理人の4名で並ぶことは流石に難しいので、ここを諦めてふれあい公園の道路下中央付近に並びました、で竿頭のS井氏で20枚の釣果であります。
 管理人はツ抜けがやっとで、「まいりました」の一日になったのであります。
 弓さんもアッキさんも確りと釣果があり、貸し切りだったこともあり、4人で談笑しながらの釣りは釣果以上の楽しさがありました。
 なお、この日はコイやナマズが竿を曲げてハリスが飛んだりもあり、少しばかり往生しました。
 ただでさえ気持ちが悪いナマズですが、管理人の竿に尻尾から上がってきたときは、「うわー」でありました。
 ままっこれも野釣りならではの面白さではありますハイ。

 秋は日ごと深まります、地合いもまた目まぐるしくのそれであります、来週の釣りはどんな感じになるか明日はどっちだのココロダー。
 



[397] 土日の釣り(8/28/29)

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月30日(月)09時50分28秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんおはようございます
 さてまずは、再確認ですが、釣友より問い合わせがありましたので、確認のため再度拡散希望をお願いしておきます。
 ?中津湖のハチの巣ですが、まず管理人が金曜日に現地で確認してきました。
  車を倒れた看板の傍において、取り敢えずと恐る恐るホソに向かっていくと、「この辺から気を付けねば」と思った刹那には、体のすぐ傍にオオスズメバチと思われる個体が飛んでおりました。
 トンボが大変に多かったので、これも違うあれも違う・・・、いたーでありました、速攻で車に引き返して西面の1丁目で・・・、釣り人は丁度対面と看板裏に座を構えておられたのですが、ご様子からは問題ないようでありました。
 確定はとっておりませんがその間のブロックがあるアタリは丁度なのではないでしょうか?
 車に乗ったまま岸に近づいてみたい衝動にかられました(基本的にはおこちゃまです)が、他にも釣り人は大勢おりましたので、アタリくじになって沼中大騒ぎにでもなったら・・・、勿論のこと君子危うきに近寄らずにて帰宅しました。
 ②月形皆楽公園沼ですが、公園自体が現在進行形で閉鎖されております。
  基本的には9・12(日)の緊急事態宣言期間までですが、同宣言が延長になる可能性もありその後については、解り次第この場で申し上げます。
 残念なことに、直近の土日に同公園の訪れ、公園閉鎖を現地まで行って知った方もおられたとのこと、出来得るならば釣り人間で拡散してほしいところであります。

 さてまずは土曜日ですが、朝一で茨戸湖パークゴルフ場焼き肉屋NHさん向きに座を構えました。
 ポンプ2台を越えて、中ほどまで行った長靴セッテイングできる場所であります。
 で、1枚のみ、とにかくウグイが強烈で全く手も足も出ませんでした。
 やめ帰宅も考えましたが、前から気になっていた、石狩川のオンドマリ道路側から2番目の馬牧場のところで角から50mほどの藻のないところ(タチは15尺で1・5本)に、座を構えました。
 勿論のこと、ウエーダーセッテイングであります。
 ここもウグイは強かったのですが、トロマッシュで2枚の釣果であります。
 角に金魚藻が密生しており、釣りヤメ後ウエーダー着用もあり、そろそろと沖に進んでみると予想通りに、その先が少し深くなっているようだったので次回はその辺に台をセットしてみたく思いました。
 このポイントは秋になってジャミが少しおとなしくなったときに長竿で沖の深場(2本弱)を狙って良い思いがあります。
 その時は、型は中小でしたが数が出ました。
 と言ってもそれから15年は経ってますが・・・。

 日曜日は、会友M氏のリクエストで花畔大橋の右岸〇オンさんの看板の真向かいに会友アッキさんも参戦し3人で入って管理人は9枚でした。
 開始当初は、ウグイが酷かったのですが、へらが寄ったのか一度静かになってぽつぽつ釣れ出したのに・・・、ここで風が西寄りに変わってへらが散ってしまったのか、またまたウグイ祭りになり、頑張る理由を失って10時過ぎには撤収しました。
 で、時間も早いので焼き肉屋NHさん前で竿を振ったのですが、対面のPG場と同じでまあ酷かったこれが・・・。
 へらは全く寄らず3時間弱釣って討ち死にしました。

 アッキさんが土曜日に北村レンギョ沼(西面の旧官舎下)で5枚ほどの釣果があったとのこと、竿を調子が上がらない奥様に合わせて短く(16→13)して(優しい)から良くなかったようですが、「あのまま続けていたら」ままっ、いいじゃありませんか夢を見ることが出来たんですから。
 2つの収穫、あのまま続けていたらと奥様が念願の竿(15尺)を買っていたらの、次回予告が見れたのです。
 さて来週ですが、ウグイは流石に聊かです。
 へらの出すウキの動きが見たいので、レンギョ沼を含めた少し小さめな沼に行こうかと・・・。
 秋は小場所なんて言葉もあります、さてどこを目指しますか、明日はどっちだーのココロダー。












[396] 取り急ぎ

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月27日(金)16時32分18秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 まず、用件から申し上げることにします。
 月形町皆楽公園沼ですが、9・12までクローズドになります、立ち入り禁止です。
 恐らくは緊急事態宣言に伴ってとしたことと思われます。
 昨夜弊会S井会員から情報は入っていたのですが、本日管理人が直接同公園管理棟へお電話申し上げて確認いたしました。
 土日に向けて、お問い合わせも少なくない筈で、長電話でご迷惑をかけないように、クロズードの事実確認
だけして早々にお電話を切らせていただきました。
 わかっている事実は、今日から9・12までの期間といったことだけは確認を取っております。

 土日に釣行予定があった方には残念ですが、情報を共有して、「折角あそこまで行ったのに・・・」などならないようにしたいものですね。

 なお、9・12からの状況が解ったらこの書き込みで申し上げます。

 管理人はとりあえず土曜日は茨戸湖のパークでも行こうかと思っております。



[395] つづき

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月24日(火)10時46分12秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんおはようございます
 で最初のへらが写真の425です。
 実は、このへらを釣る際に、アタリがあまりなかったこともあり、餌切れのタイミングでもあることから、釣りながら餌を作る・・・、要は「釣れるはずないから餌でも作るか―」だったんであります。
 ただ、それでも何となく「竿から手を放しているこういう時って当たったりするんだよねー」ってことで、左手で竿を握った瞬間でした、ズッコリと3節ほどウキが入って定反射で無感動に手は動きました。
 「どうせウグイだろう」と高をくくっているとそれに反していい感じで竿に伝わるその感触はどうにもへら鮒っぽいのでありました。
 この時点でも利き腕は餌作りを続けていたんですが、ここでバトンタッチ!右手に持ち帰ると明らかにへらの手応えです。
 最初に水を割った瞬間、「これは40UP有るかも」との強烈な印象でしたが、ややあってタモインしてみた魚体は42ぐらいの印象でした、フラシを出してたも網の編み越しに鷲掴みし、ドキドキ冷や冷やしながら見事フラシに収まり、「ここでやっちまったら事実上はカラフラシになったんだなー」の感慨を味わったのであります。
 でその後は終わってみればカウンターは15枚でした。
 道中で尺クラスが一枚きましたが、8寸サイズが多かった印象であります。

 結果としては、残念ながら管理人が頭だったのですが・・・。

 正直、「今日だけはだれか頭を取ってほしかった」例会になりました。
 なぜなら、先着していたT野さんとおっしゃる方に大きく釣り負けていたからで、数は3倍近く釣られたと思います。
 また一枚巨べらがいましたが、それ以外を平均すると一回り以上の型の差を付けられ、数も型も太刀打ちできなかったからであります。
 元来が野の釣りであることから、ポイント差は例え数メートルの距離でも強烈なこともありますが、前半は恐らく管理人がリードしていたのですが、後半に同氏がポツポツながら『仕上がった地合い』を感じさせられる尻上がりの釣れ方で、一片の弁解もできないほどの完膚なきまでの叩きのめされ方で「完敗」以外に言葉はありませんでした。
 管理人の現時点で釣りにかけているものが露呈したと感じ入ったのです。
 勿論のこと悔しくない筈はありません、ただこれまでにも何度も負けて這いあがってきたのです。
 年は取ったのですが、向上心は年を取りません、この夏は新たな課題に正面から向き合ってみます。


 閑話休題、兵どもが夢のあと・・・、リモート検量を経てマスク着用距離を取っての閉会式も済ませて、帰りしなに前週隣り同士で仲良くなったT倉さんがステージ赤橋横で釣りをしておられたので寄せていただきました。
 「どうですかー」「あまり良くはないのですが、今日は高1息子を同伴しています」とのこと。
 隣同士で親子でへら鮒釣り・・・、へら鮒釣りの継承はこの釣りの発展を願う管理人としては、目にすることが一番嬉しい瞬間であります。
 さてと少しばかり飽きている様子・・・、聞けばウキが良く見えないとのこと、今どきの高1です、釣り台にはスマホが置かれており、気になる様子、スマホで拡大してウキを見ているとのことですが・・・、現在の科学ではウキの動きをノンタイムラグでは埋められていないので、見えた時には『刹那』には隙間が出来ています。
 光学的な方法しかないので、メガネや双眼鏡が・・・、って「これでどう」と管理人の釣り道具であるところのスコープを使ってもらうと程なく深なじみのウキがムズっと・・・。
 出ちゃったんでありますこれが!!
 8寸ほどだったでしょうか、白くてきれいなへらでありました。
 「写真、写真」パパさんに促し「へら鮒は顔の横に」・・・、去りゆく夏の思い出をパチリと切り取った親子のその幸せな場面を見届け共有できたこと、管理人的にも幸せ感たっぷりでありました。
 負けて悔しい競技性と、一枚のへらを釣り上げたる喜びを三人で分かち合える娯楽性、もしかすると「これおれが釣ったんだぜー」とお母さんや友人に披露したならば(イヤゼッテーシテルシー)、もっと多くの人に喜びや幸福感を提供したのかもであります。
 へら鮒釣りが持つ切り口次第の面白さ、改めて気付かされた一日になりました。

 だから、へら鮒釣りはやめられないのココロダー

 学校で「おれもやってみたい」とか「T倉君カッコいいねー、私も今度連れてってー」とかで、一大ブームに・・・、来週月形に言ったら若い子で賑わっている・・・、無いかーないなー。



[394] 土日のつり

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月23日(月)09時31分23秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんおはようございます
 まずは土曜日ですが、日曜日に月形での例会があるのでそのプラといったことで、同地に夜明けとともに到着しました。
 早くいったのは、兎に角モジリを見たくてなんでありますが・・・。
 これが、とにかくナッシングに近い状況であります。

 1時間ほどをかけて隈なく偵察したのですが、結局それを当てに入ることもできず、思いつくままに旧ゲートボール(『旧』と言っても無くなってから20年以上は経過しており、これからの若い人のためにも呼称を変更した方が良いような気がします、小沼には中洲があるので大沼の中洲が良いのかもしれませんねー)の、赤橋の東側倒れた看板の右手に座を構えました。
 浅くなりました・・・、つくづく思わされます。
 18尺を継いで平素より幾分かの増水にあってなおタチは1.8本ほどしかありません。
 『旧』の名を冠する前、つまりはゲートボール場があった頃は、並びはほぼ2.5本以上あり深いところは16尺も継げるば3本を超えるところもあったのに・・・。
 浅くなっている理由は、多々あるとは思いますが、一番の原因は凍害とでもいったことなんでしょうか、つまりは水分を含んだ陸地が冬季間に凍って、春になって氷が融ける時に削られる、それが『旧』が冠され、今やそれさえも夢のあと・・・、月日が記憶を削るようにまた陸地を削りました。
 その陸は砂に変換されてどんどん堆積していったのです。
 その証拠が、確りと陸地に残されております。
 釣り座をかける際に一歩水に足を入れる直前気付きました。
 最後の一歩の不安定さできづかされました、草が根を張るその下は完全に空洞化しており、ハネダシになっているのであります。
 また、一年遠浅が進んで折角の好ポイントが・・・。
 前述はどうあれ、ままっ話を釣況に戻すと長かった話は、直後に終わります。
 ジャミでガッシャガシャ・・・、6時過ぎから昼前までやって小べら1枚の貧果であります。

 で、気を取り直すのに小一時間かかったものの昼過ぎから2時過ぎまで、ステージ流れ込み右3mで同じセッテイングで、少しジャミはおとなしかった(前述が10なら8ぐらいか?)ものの、2枚の貧果でミナミクニキタクしました。
 会友のS井氏が小沼背中の大沼向き土管横で、ならばと背中を向いて小沼で・・・、イズコモオナジアキノユウグレ、「ジャミでガッシャガシャ」とのことで、二人の情報をすり合わせると翌日への展望は・・・果たして「今日はもう寝る」悲観せざるを得ない状況でありましたとさ。

 カラスカーで夜が明けて、温泉駐車場で会友と顔合わせ(勿論のことマスク着用の上十二分の距離を取って)、取り敢えず仕事などで、事前の情報入手が困難な会員もいるので、前日の情報は基本的に完全オープンであります。
 皆「・・・」、「じゃスタートしてください」駐車場を堤防に向けて車が進む中、管理人は背を向けて帰りたい衝動を抑えて、13階段に向かって車を進めました。

 で、取り敢えず最初に車を止めたのがパーク下で、ここに車を置き偵察、決め手となるモジリはある筈もなく、ならば平素は入らない同並びのずーっと奥の藻の切れ目まで歩いて・・・、ただのウオーキングで終わります。
 小沼を観察も、やはりモジリは無し・・・。
 「サイゴニイイノコスコトハアリマセンカー」
 「ナラバ、アキハステージノイリグチガワ」
 管理人的には、そんな風に思っているステージの入り口側に座を決めることにしました。
 先着の方に気持ちよく「どうぞ」を頂戴し、2番目の出っ張りの右て柳左に座を構え、18尺1.8本でスタートしました。
 散々迷ったのですが、取り敢えず餌は「マスターいつもの」といったことで、グルマッシュで始めるとこれが・・・。
 「前日と同じ沼?」ってぐらいウキはすいすいと入ります。
 どうかすると、無反応なこともあるほどで、拍子抜けしました。
 丁度お時間が参りました、ヤボ用で出かけるので続きはまたの機会に、例会の1枚目が写真のへら、管理人に明日があるのか「どぉ~ちだー」のココロダー。



下が



[393] 今更なんですが

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月19日(木)10時30分2秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 週末は月形で月例会が開催されます、先週は不調でしたが、果たして昨日の雨でどんな風に変化があったのか?
 取り敢えず土曜日に試し釣りしてみますが、上向いていると嬉しいところであります。

 さて、先週の月形でお会いした方(T倉氏)が、後半トロマッシュでポツポツと追加をされておりました。
 たまたま、後ろで釣りを見させていただいたのですが、「ああっ、トロマッシュって・・・」「こんな感じで釣っていくエサなのね。」とつくづく思わされたのであります。

 正直トロマッシュは大変に苦手な管理人であります。
 今までトロとした名を冠する餌では、殆ど釣った記憶がありません。
 トロダンゴやトロガケなども散々な思いでしかないのであります。

 特に、トロマッシュに関しては非常に苦手で、「釣れる気がしない」餌の代表格です。
 取り敢えず配合や硬軟などある程度の知識はあるのですが、「ズバット入る」なんて経験は全くないのであります。
 でっ、前段の人様の釣りを見させていただき、一つだけ解りました。
 トロマッシュって、「アタリ返しが多いエサ」であることがです。
 「なんだー、そういってよー」であります。

 最近、麩エサとグルテンの配合エサで両ダンゴの感覚で釣ることを、自身の課題にしている管理人であります。
 これは、将来の本州遠征(特に地区長会の三名湖)に向けての備えとした側面もあるのですが、何より夏場の釣りが苦手な管理人ですのでそれの克服も兼ねているのであります。
 昨年のモベラとグルテンの合体エサ然り、今年はコウテンとグルテンの配合エサもなんとなく手ごたえを感じているところであります。
 で、そうした中でグルテン系とは違って、ダンゴ系の餌はやはり「なじませる」「揉ませる」「アタリ返しを出させる」といったことが大事なのではと今更ですが、勉強の過程で実感したのですが・・・。

 トロマッシュイコールなじんでズバッと思い込んでいたのですが・・・、そういえば釣り友のKazuさんが「いや、結構グルテンみたいなアタリでも十分乗りますよー」とか言っていたんであります。
 先週の釣りを拝見して、キモはアタリ返しが出るかどうかでは?とつくづく思わされたのであります。
 そういった視点で捉えると、トロマッシュなんて恐れるに足らずと、あれほど苦手にしていたのに、しかも未だ試行をしてない時点でも、「次は大丈夫」と思えるからあら不思議です。
 これも、麩エサとグルテンの配合エサで釣ることを試行して「掴みかけている」手応えがそうさせるのかもしれません。
 間違っているかもしれませんが、トロマッシュとは、「バラケ性が少ないエセなので、タナでジャミなどウキを動かしてくれる対象に揉んで貰って、餌を削らせることで集魚性をUPさせ、餌持ちが良いのでその特性でアタリ返しを狙っていく釣り」そんな感じと現時点の管理人は思ったのであります。

 だから、人様にトロマッシュ?って聞かれたら、こんな風に応えようと思っています。

 キモは「アタリ返し」ではないんでしょうか?

 週末、例会前なので新エサの研究にはあまり力は入れられないけど、少しだけ試してみるつもりのココロダー。



[392] 土日の釣り

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月15日(日)18時15分42秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんばんは
 さてまずは土曜日ですが、会友M氏のリクエストで花畔大橋に向かいました。
 現地到着して、カーブの下流100mほどのところに並んで、朝7時前ぐらいからお昼までで16枚でありました。
 写真の尺上を含み尺前後が3~4枚ぐらいいました。
 特に釣れなくなった10時過ぎぐらいからは、型自体は良くなり9寸以上(5枚ぐらいかな?)の釣りになりました。
 ウグイも開始当初は結構うるさかったのですが、前週のパークゴルフ場から比するとぜーんぜんってな感じでしたが、まあへらが寄らないとジャミが薄くなった後半は、暇な釣りになりました。

 で、本日日曜日ですが月形に来週の例会の下見をしに行きました。
 まずはモジリの観察・・・、大沼死亡!!
 小沼は、「多分やれば出る」そんな印象を受けるポツポツのモジリはありましたが、結局最近全く打っていない大沼の、ステージ・・・、流れ込みの右一杯(ここでステージが終わる3mほど手前)のポイントに入って18尺2本弱の深宙で・・・、午後3時ころ終了で13枚でした。
 尺上は3枚、その他はあまり大きいものはいませんでした。
 ウグイ系のジャミは結構うるさかったのですが、どちらかというとへらが寄り切らなかった印象でした。

 お隣に「いい感じの方」が入って、楽しい釣りになりました。
 その方は、後半トロマッシュが決まったのか、ペースアップしておりました。
 40代で「最近昔を思い出してへら鮒釣りを再開した」「楽しい」とのこと・・・。
 管理人としてはほぼ例会並みの全力で釣って13枚ですから、正直「キレずによく打ち切った」状況だったのですが、お隣さんに恵まれた一日で、なんか最近では一番楽しい釣りでありました。
 釣果に勝る釣り友を得た一日に「余は満足じゃ」のココロダー

 



[391] 拡散希望

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月12日(木)11時28分2秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 先ほど、釣り友I原氏から「中津湖丸沼のホソに向かう比較的釣り台が出しやすいところの地べたに」「スズメバチの巣がある」との情報がありました。
 本当は確りと自身の目で確認して情報を申し上げたいのですが、地べたにあるとのことで、危険度が木の上とは全く違います、事は急を要するといったことで、まずもって未確認ながら、みなさんの安全確保のために注意喚起を申し上げておきます。

 水辺近くですから、増水も良くあり、本来はハチの巣は作られ難いはずですが、今年の少雨が影響しているんでしょうか?
 地べたにできた経緯は他方にして、まずは地下に巣を作るスズメバチは、オオスズメバチの可能性があります。
 刺されれば、命の危険さえ考えられますので、「転ばぬ先の杖」を折角授かったので、出来得るならば是非とも知人とも情報を共有して、事故が発生しないように注意を喚起しあいましょう。
 一応I原氏から場所を特定した地図が添付されてきましたので、申し上げておきます。

 まずは、近寄らないことが一番であります。

 拡散をよろしくお願いいたします。

 I原さん情報ありがとうございました。



[390] 奥の細道

投稿者: アッキ 投稿日:2021年 8月10日(火)21時18分2秒 KD118157121068.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

皆さんこんにちわ!今年の夏は暑いですね。暑くなったと思えば、急に寒くなったり、お体に気をつけてヘラブナ釣りを楽しんでください。

私事ですが、

8月1日に頼んでた竿が届きました!(シマノ朱門峰本式16尺)

早速釣りに行きたい!新竿に魂を吹き込みたい!

だけど…ルルルル(明日のジョーのメロディーで)

次の日曜日まで、休みが有りません(泣)

仕事から帰っては家で竿を眺める事7日間「初釣りは、月形皆楽公園」決めていました。

何故?ウーン多分、ヘラ釣りに、いや基、管理人初め、様々なヘラ師と出会った、それまでは、ヘラ師を敬遠して鯉釣り遊びをしてたけど、月形で会った人達は、皆優しく、素人釣りを否定せず、俺の人生を、いや、俺たち夫婦の人生を、人生に変化を与えてくれた場所だから、

土曜日の夜、明日の竿デビューに向けて早く寝ようと、9時にベッドへ。
眼が覚めると何と11時半!
「また寝るか?」
「いや、起きるか?」

結局そのまま起きていて、針にハリスを結んだり、ヨビの仕掛けを作ったり、竿を眺めたりしているうちに
ふと、時計を見上げると、深夜2時に。

「今から家を出れば3時着か?」まぁいっか「行くべ」

現地到着は予想通り3時

「湖面見えない」

白々と明るくなった午前4時、小沼に向かって、台座を設置。

「うわーまだ、誰もいないぞ、」
白々と夜があける中で新竿に仕掛けを継ぐ。

さて、第1投!

「気持ちいい」

そうこうするうちに、我が師匠、管理人が登場して隣に座を決めてくれました。

師匠も同じ16尺の竿で、釣り棚も自分と同じに合わせてくれての釣り教室です。

様々なウキの動き、当たりの取り方、ヘラ師の心構え、

何時も勉強させられます。

師匠と3mくらいしか離れていないのに、どんどん差が開いていきます。

「何で?何で?何で?」餌も同じなのに何で?

ひたすら師匠の合わせを隣で見ていました。

「えっ!それも合わせるの?」
これも、あれも、どんどん合わせては、ヘラを釣っていきます。

師匠「何で、近くにいるのに片方だけ釣れて、片方だけ釣れないか?」

師匠も「昔、俺がヘラ釣り始めた頃ね、師匠の横で何時も釣ってたんだよ」

「何時も勝てなくてね、結局は最後まで勝てなかった。今みたいな感じで、」

「その内に、ある日師匠と同じ枚数釣ったんだ」

そしたら、師匠が

「お前上手くなったな」って言われて凄く嬉しかったって言っているのを聞いて

「俺もいつかは」何て思いました。

「明日は仕事なので、午後の部は、大きな方のステージに移って、赤橋の方の唯一底釣りが出来る場所で、残業します」

午後4時頃まで、新竿で、さっき教えてもらった当たりの取り方を実践しました。

「アー!気持ちいい!」
抱えて誘って、ツンでて合わせ、載る!

全部マブでしたけど、載るんだ!

もう一度、抱えて誘って、ツンで合わせ載る。

最高!

今までなかった感覚。いやー奥は深いし奥は細い。今までこんな事はしなかった。

「何時も釣れてばかりは学べない。」
「失敗からの学びがやがては自分の財産になる」by師匠

奥の奥のまた奥の感動を体現していきたいのココロだー







[389] (無題)

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月 9日(月)16時15分55秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

ごめんなさい今日は茨戸湖パークの鉄管の一座先端側であります。
タチは15尺で1.5本弱、10尺で1本ほどであります。
15尺ではじめて、残り2時間は10尺、7時から12時過ぎまでの釣りであります。
エサは「打った打ったハイ」 



[388] (無題)

投稿者: 管理人 投稿日:2021年 8月 9日(月)16時08分19秒 softbank060111010226.bbtec.net  通報   返信・引用

 みなさんこんにちは
 三連休が終わりました。

 ではまずは初日の茨戸湖からですが、最近通っている茨戸湖パークゴルフ場焼き肉屋さん向きに向かいました。
 写真は、通路の状況で帰りしなに、釣り座から帰り道を撮影したものでありますが、ご覧の通りに電車道で歩きやすくまた、コロコロも使えるような状況であります。
 また写真に写っているのはパークゴルフ場の散水用のポンプで2台が設置されております。
 これまでは、ポンプの手前に当たる鉄管が刺さっている周辺にポイントを選択しておりましたが、この日は「もう少し奥へ」といったことで、2台のポンプを超えてのポイント設定でありました。
 で、同ポイントは岸が浅く、地底は小砂利が敷いてあり釣り台は大変にかかりやすく、またタチも鉄管付近よりも少し深くなっております。
 朝7時半前ぐらいから10尺グルマッシュで打ち始めました。
 で、11時少し過ぎで20枚になりました。
 まずまずなんですが、結構ウグイがきつく難しい印象の釣りになりました。
 午後2時前で50枚、終了の午後3時で60枚と上がりべら1枚でしたが、最後の魚はマブといったことでマブ締めの釣りとなったのであります。
 この日はウグイも結構うるさかったのですが、マブも結構来て多分20匹前後は釣ったと思います。
 型は全体には8寸主体で、写真はこの日唯一の尺上であります。
 なお、管理人的には人生最大と思われるタナゴを釣り上げました。
 グルテンボールの底の直径が15cm弱ですから7cmはあるかもしてませんね、大げさではなく釣り上げた時に、「なんか小さいけど泳いでいる」とした手応えはあったのであります。
 この日全般の釣れ味?と問われると微妙なんではありますが、ままっ数は堪能できたのではあります。

 で、この『いい感じ貯金』を元手に、翌日は厳しい釣りが予想される月形皆楽公園沼へ・・・。
 先着していたアッキさんが小沼の中洲北村向きやや先端寄りに座を構えておられたのでその手前に釣り台を並べさせていただきました。
 「奥方は?」「ワクチン接種!」といったことで、この日は後着した会友S氏が背中合わせに陣取り、『中洲男の日』となりました。
 で、先週からは地合いは下降し(モジリも前週よりも少なかった)ており、管理人で20枚の釣果であります、型は6~7寸主体と小さ目ではありましたが、背中合わせのS氏は35cm弱のへらも釣りあげておられました。
 で、『へら鮒貯金』の残高は「ままっそれでも半額くらいは残っている」とした印象で・・・。

 本日です、天気予報が微妙なので近場が良いといったことで、前出・・・。

 結論を申し上げると、ウグイ祭りで14枚の釣果に沈み『へら鮒貯金』は完全に使い切り寧ろ、持ち出しをした気分での帰宅と相成りました。
 ウグイが激きつかったことと、一方ではへら鮒の寄りも悪く、餌の硬軟から配合までやりつくしたんですが、どうにもならなかったのであります。
 藻ベラ1袋、マッシュ1リットル、新べら200cc、コウテン0.5袋をシャカリキになって打ったんですが、ウキを入れることが出来たのは20回あったかなー・・・。
 マッシュ単品の200ccを30分で打ち切ってしまえるほどの大き目硬めの餌でもウキを沈没させることすらできずに・・・、また困ったときのモベラグルテンもツンツンで勝負になりませんでした。

 雨のせいなのか?雨待ちなのか?はたまた今日だけ特別だったのか?

 来週も懲りずに「行けばわかるさのココロダー」 


レンタル掲示板
398件の内、新着の記事から20件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.