散田ドラゴンズみんなの掲示板



カテゴリ:[ スポーツ ]


新着順:5/98


[95] 研修春最終戦!城山キッズ戦!

投稿者: 5年目監督! 投稿日:2019年 9月23日(月)19時09分27秒 118-87-222-225.htoj.j-cnet.jp  通報   返信・引用

昨日将軍に敗れながらも、タマキ、ユウトにヒットも出てある意味昇り調子の散田ドラゴンズ!春最終戦の城山キッズを大谷グラウンドに迎えて激突です!
今日はユウト、ヨシト、ソウスケがお休み!9人ピッタリで城山キッズを向かい撃ちます!
昨日、ソウタ、ダイスケの2人が投げているので今日は何とかこの2人を投げさせずにイクミ、クウトでしっかりと押さえてくれればともくろみます。

そして試合前ジャンケンではキャプテンタマキがあっさり負けて春は全15戦対戦して3勝12敗と言う結果でした!とはいえキッズが後攻を取ってくれたため先攻の負先です!

1番セカンドタマキ、2番ファーストダイスケ、3番ショートソウタ、4番センタークウト、5番レフトリョウタ、6番Pイクミ、7番サードトワ、8番Cコウト、9番ライトフウタ、控えはおりません!

そして台風の影響で風がかなり強い大谷グラウンドでプレイボールです!
いや~、しかし今日は風が強かった!!大谷グラウンドの掘立小屋が壊れるかと思いました!!

1回表 タマキ2-2から見逃し三振!ソウタフルカウントから見事に三遊間を抜くレフト前ヒット!つづくダイスケのバッティングに期待がかかるが6-4-3の綺麗なゲッツー崩れで、ソウタフォースアウト、ダイスケセーフでランナーが入れ替わりです!
続くクウトはフルカウントから見逃し三振でこの回0点!!

1回裏 先発イクミは先頭打者にストレートの四球、これを受けて城山キッズはほぼ初球は振らず。とはいえ2番バッターを空振三振①、早くもワンアウトを取るなかなかの立ち上がり!!3番にはフルカウントから四球、そして4番の時に平凡なショートゴロをソウタファーストに悪送球で、ダイスケベースから離れずBDとする。これでまず2点を取られる!

5番3-1から四球、6番3-1から四球で1アウト満塁、守備は前進守備、ホームゲッツーを狙う!7番3-1から四球で押し出し3点目。8番フルカウントから見逃し三振②!これで3点失って2アウト満塁!イクミ踏んばってる感たっぷり!
ここで9番は3-1からショート後ろレフトの前にフラフラッと上がる平凡なフライ!これを悩み続ける大砲リョウタが足が動かず前のめりになりながらグラブに入れて落球!これで3塁ランナー、2塁ランナー生還し5点目!この後、焦って落球のボールを取ったリョウタがベンチからの「投げるな!持ってこい!」の指示を無視してサードトワに暴投!トワ捕れず・・・。BDで更に6点目・・・。

今日のポイントはこのプレーでしたね。リョウタが昨日のへなちょこ仮面を引きずったまま、「今日、キャッチャーやりたい」とぶつぶつ言っていたリョウタ、そのまま自信のないプレーが出てしまいましたね。はっきりと言いますがあのフライリョウタの実力なら100球上がっても100球全て捕れます!風の影響があったとしても捕れます!捕れなったのは完全にメンタル面!何度も言いますが野球は失敗を重ねるスポーツ!その中で同じ失敗を繰り返さないようにしっかり修正して行こう!!

1番にもどって3-2から四球これで6失点で2アウト1・2塁!
2塁にランナーがいるのでサードトワが三塁ベースちょい前に守り、二塁ランナーに注意をしっかりしている!そこにちょうど2番の打った打球がコロコロと転がる!トワちょい前に来て捕球!そして3塁ベースを踏んで3アウトチェンジ!なのでベンチから「ベース踏め!」の指示!な~の~に~、トワベンチの指示ガン無視してファースト転送!オールセーフ!しかも2塁ランナーはトワがファーストに投げた後、悠然と3塁を回って7点目・・・。昨日も1塁ランナーに出てぼーっとしてPBに2塁走って「戻れ」の指示を無視!!
今日も無視!しかも昨日家で「ランナー1・2塁の時にサードゴロを捕ったらどうする?」と言うお父さんの質問に「3塁ベースを踏む!」と回答していたというから摩訶不思議!
しかも、今日大谷グラウンドに行く車の中で「オレ、テストは100点しか取ったことないよ!」とず~っと言っていて監督に「嘘つくんじゃねぇ」、トワ「本当だよ!」のやり取りを延々としたにもかかわらず、多分テストの点も惨憺たる結果なのでしょう・・・・。
リョウタ&トワのボーンヘッドで守備が延々とつづく!ちなみにトワの送球は悪送球となり、ダイちゃん捕球出来ずBD・・・・。2アウト2・3塁となり2番は平凡なセカンドゴロ!
タマちゃんしっかり腰を落としてグラブに入れて弾いて、猫が球遊びをする様な感じでボールが手につかず・・・・。痛恨のエラー・・・・。散ドラ名物インフルエンザよりも感染力の強いエラー地獄・・・・。リョウタが発生源、トワに感染、そしてダイちゃんに感染してタマキに感染・・・・。バ○とエラーに効く薬は去年のY父母会長も調合出来ません・・・・。これで9点目。そして今日のエラー集大成の4番の当たりはレフトの前、ショートの後ろ、サードの後ろにフラフラと上がるフライ!このあたりはショートのボール!ベンチからは「ショート!!!」の声がかかるが、はい、始まりましたショートコント!
ソウタ「今日落球のリョウタさん、そろそろ取らせてあげますよ。どうぞ、どうぞ。」
リョウタ「最近膝の調子が悪いのでそこまで取りに行けません。トワさんさっきのミスを帳消しにするチャンスですよ。どうぞどうぞ。」
トワ「だってベンチはショートって言っているも~ん!」
ベンチ「って、そこは聞こえんのか~い!!」
という会話がモスキート音であったとかなかったとか、綺麗に真ん中にポトリと落ちて10点目・・・・。
続く5番をショートゴロに仕留めてソウタしっかり取って3アウト!
イクミは打者14人に対して64球2奪三振、6四球。エラーに足を引っ張られなければそれなりのピッチングでした!しっかりと打たれた当たりは全く0!
1回終わって0-10!

2回表 リョウタ空振三振、イクミ空振三振、振り逃げタッチアウト、トワ四球、コウトセカンドゴロ!この回0点!
(ここで監督、密かにトワの出塁率が上がっている事に気が付きます!)

2回裏 この回からPはクウトにスイッチでイクミセンターへ!
6番3-1から四球、7番の時に珍プレーが!初球、ボールの時にランナー盗塁!ノーアウト2塁!となり、トワが2塁ランナーを警戒してベース横に守る。7番2-2からしょぼ~いサードゴロ!トワを良く知っている方であれば次にトワが何をするかわかりますね!
そうです。サードゴロをしっかり取ってファーストへ転送して1アウト!ってことはないですね!
何を考えたか、トワこのサードゴロをしっかり取って、ファーストへ投げると思ったらすっくと反転してテクテクと「歩こう♪歩こう♪私はげんき~♪」と言う感じで鼻歌交じりで三塁ベースへ猫まっしぐら!サードベースを踏んで「フォースアウト!どやっ!」とベンチをガン見!ベンチから「フォースアウトじゃねぇ!1塁空いてるぞ!!」と怒鳴られ初めて自分の犯した恥ずかしいミスに気付く!!
あのときのトワの顔!鳩が豆鉄砲以上の顔でした!Yコーチがあの顔を撮っている事を願いましょう!そして皆さん!来年の年賀状は多分Yコーチが撮影したトワの「ホームアローンのマコーレーカルキンのポスター」のような顔の写真付き年賀状が送られてくるのを楽しみに待ちましょう!

ということでノーアウト1・2塁!8番フルカウントから四球で満塁!ノーアウト満塁で
前進守備!9番は前進守備のショートソウタを襲う痛烈なゴロ!これをソウタ華麗に!?捕球するとバックホーム!コウトしっかりベースを踏んで捕ってフォースアウト!!
練習の成果がしっかり出た良いプレーでした!1点を与えない散ドラとは思えない良いプレーでした!ベンチのお母さん達は感動のあまり涙があふれている!!(かもしれないけど見てません。念のため。)
で、このあと16点取られるのでダイジェストで!
1番 ストレートの四球
2番 レフト前ヒット
3番 ライトオーバー2ベースヒット
4番 レフトフライリョウタ落球
5番 3-1四球
6番 ストレートの四球
7番 ショートゴロ、ソウタしっかり取って2アウト!
8番 3-2四球
9番 3-1四球
1番 ストレートの四球
2番 2-2から四球
3番 完璧なレフトオーバーヒット
4番に回ったところでクウト72球で交代、打者16人に対して0奪三振、9四球。
クウトはショートとして昨日40球程のソウタへスイッチ!2アウトまで行っていたので何とかクウトに投げ切ってほしかった!
5番 完璧なレフトオーバーヒット
6番 リョウタ今日3回目の落球
7番 3-1から四球
8番 Pフライをソウタシッカリ捕って3アウトチェンジ
ソウタは打者4人に対して13球0奪三振1四球。

今日の6アウトの内、2つはイクミの奪三振、後4つは全てソウタ絡み!
皆しっかり守備をしよう!!
2回終わって0-26!

3回表 タマちゃん「逆転するぞー!」と声を掛ける!!
コウト見逃し三振、タマキ空振三球三振、ソウタファーストフライでゲームセット!

0-26で完敗です!これで春研修は0勝13敗、連盟は0勝2敗、合計15連敗です!
とはいえかなり上手になって来ました!ちょっと自信を持てば秋は必ず勝てます!!
1勝目指してガンバロー!!
今日のMVPは守備に投球に存在感がひかり、さらにヒットも打ったソウタ!!!


新着順:5/98


お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.