草地




14件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[14] ひとりごと。

投稿者: 草地直 投稿日:2019年 2月10日(日)06時21分54秒 om126234041188.16.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

確かではないけれど、一つ言えるかもしれないことは、一流の人間より、三流の人間のほうが、粗雑ではない人間関係を築いているかもしれない。
一流も三流も、社会の構造も知っている自分は思う。




[13] ひとりごと。

投稿者: 草地直 投稿日:2019年 1月26日(土)13時12分54秒 om126034006017.18.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

もしかしたら、尾崎豊の自殺した理由は、しばられた自由や卒業を唄い、わかってくれないから、ではなく、本当に自由であることがわからなくなったから、あるいは、人の心持ちが自由であるときに、本当の自分の自由を感じることを知ったとき、自分のしてきた唄が、意味のないことのように思えたからかもしれない。



[12] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年11月23日(金)13時39分52秒 om126211040027.13.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

たぶん、手塚治虫さんのいいたかったかこと、の一つは、今、現代に生まれた子供たちが、いろいろあって、やがて、その親を看取る、そんな当たり前の、生命の繰返しが、ずっと起きてほしい、ということだと、思う。



[11] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年11月17日(土)16時03分38秒 om126034050007.18.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

火の鳥。第6巻、望郷編。
第1巻から、第6巻を通して、火の鳥が見た世界が、時間を行来している壮大な世界観であることが実感できる。第6巻は、未来の地球上からの脱却の末路を物語っているのか。人口密度した地球から宇宙に思いを馳せ、変遷ののち、破滅する。火の鳥が見たそして、期待した宇宙にも、人の命の尊さが、見え隠れして、いかに限られた命が大事かを語っているといえるのでは。



[10] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年11月 4日(日)18時41分10秒 om126200049148.15.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

火の鳥、第5巻、復活編、羽衣編。未来のロボットの生命!?。テーマは果てしなく広く深い。掴みようもない未来世界での踏み越えてしまった永遠生命のロボット化人間。うれしさではなく、悲しさ、をさとすテーマといえる。ただ、ロボットの永遠の生命は、現代のすさんだ社会の写し鏡か。愛さえ買う時代の行く末のようで、物悲しく心に響く。




[9] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年10月27日(土)13時15分14秒 om126179053237.19.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

火の鳥、第4巻、鳳凰編、
ここにきて、テーマが、難しい、史実と絡みながら、木こりの話しに結びついてくる。
たぶん、輪廻転生の中で、人の、虫の、一つずつの命のつながりと、一つずつの命の公平さを訴えるもの。
また、善悪を智し、たとえ悪人であれ、悪人の善にむく瞬間を、泣くすがたとして表現し、善の生き方とは何かを問うもの。
そして、人間観?、人生観?、を問う一冊ではあるのでは。



[8] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年10月21日(日)20時19分6秒 om126034026233.18.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

火の鳥、3巻、ヤマト編異形編、SFに近い話のなかで訴えたかっただろうこと、古代中世での不死の捕らえかたは、現代とは異なる。しかし、かつて、愛する人のため、愛すべき妖怪のためにさえ、永遠の生命を願ったとしたとき、この現代、自分、あってもごく直近にしか視野のいかない、人の生命の尊さという倫理観の欠如した社会、そのなかで、生きること死ぬことを、そして、もう一度、なぜ生きるかを問う一冊では。



[7] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年10月14日(日)20時36分29秒 om126034028108.18.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

火の鳥、2巻、未来編。
地球はうまれかわる。なん万年かけて、火の鳥のなした奇跡があれば。しかし、あらゆる生命体の尊厳のない、現代社会は衰退していく。愛さえ、欲のはけ口に近い現代。人はどうなるか?。奇跡は消え失せかけている、SFをこえて、警告の一冊といえる。



[6] ひとり言。

投稿者: 草地。 投稿日:2018年10月 8日(月)17時47分23秒 om126211021050.13.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

火の鳥、第一刊、黎明編。
蜂だって短い命に文句はいわず、生涯をとげる、
人が死ぬのも不公平ではないでしょ、生きているうちに幸せを探しなさい、
いや、俺は死にたくはない、お姉さんが千人の子どもを生むため、火の鳥の生き血をのませるんだ。

自分の幸せはお姉さんのため、さとす火の鳥に抵抗する少年、もんずほつれず、古代から人は悩みが多い。



[5] ひとり言。

投稿者: 草地直 投稿日:2018年 9月30日(日)06時35分11秒 om126179033083.19.openmobile.ne.jp  通報   返信・引用

障害児、
この子らに光を、ではなく、
この子らを光に。
糸賀一雄さん、
世の中、さもありたい。


レンタル掲示板
14件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.